蚤の市

ARTICLE PAGE

検査と4匹の子猫たち

心配なので、くろちゃんも調べてもらうことに。

結果が良くて、くろちゃんもごきげん。
くろちゃんの尿を検査してもらった結果、
いたって健康とのことで、とりあえずよかった。

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ

子猫の声がしても、比較的マイペース。
実は、採尿の段階で明らかに違いが。
くろちゃんのきれいなおしっこに比べ、
シュウ酸カルシウム結晶のあるあいちゃんのものは、
スノードームのように、キラキラしたものがいっぱいでした。

子猫が気になって仕方がないあいちゃんは寝不足。
そして、あいちゃんの療法食。
アイムス フォーミュラ 尿アシスト 中pH(1.5kg)
特に嫌がることもなく食べてくれてひとまず安心。
療法食がちゃんと結晶をできにくくしてくれるよう祈ります。


【今日のおふたり+】
昨日、あいちゃんの声に答えてくれた子猫がいたのですが、
今日、その声の主を見ることができました。
我が家のお庭ににゃーにゃー鳴く生後2ヶ月ほどの子猫が4匹。
2階の窓からあいちゃんも返事をしてみたり、
視界から消えた子猫を、家の中から追いかけようとしたり。
おかげで寝不足みたいだけれど、いつもとは違う一面が見られました。

関連記事

Comments 8

らっこパパ  

くろちゃん、健康でよかったですね。
そして、あいちゃんの尿はキラキラがくせものなのですね。
療養食で、治ることを願っています。
そして、生後2ヶ月の外猫ですか。
うちも、外猫とニャーニャー会話しているのですが、何をしゃべっているのでしょうか。
あと、人間に聞こえない、猫同士の会話もあるそうです。

2008/10/23 (Thu) 07:09 | EDIT | REPLY |   
yuirin  

こぶた*ちゃん、おはよう。
あいちゃんのように若くしてこの病気になる猫さんは珍しいんですね。
そして結晶がハッキリわかるんだ・・・。
お年をとったら仕方ないかなと思えるけどなんだか可哀想。
でも特別食が嫌じゃなくてヨカッタ。
上手に付き合っていくしかないのかな・・完治するものなの?

くろちゃんの右手が(笑)
くろちゃんあいちゃんはシャッターチャンスを提供してくれる天才だと思う♪
くろちゃんもあいちゃんもこぶた*ちゃん一家と生活できて本当によかった~(涙)
だって放っておいたら・・・
幸せなニャンコさんたち・・大人になったらきっと恩を返すよ。。。

2008/10/23 (Thu) 09:55 | EDIT | REPLY |   
こぶた*  
らっこパパさんへ

このキラキラがくせものみたい。くろちゃんが何事もなくてよかったです。
療養食、まずかったりして猫にとって嫌なものなのかなと思っていたのですが、
いつものえさと同じような感じでふつうに食べてくれたので、
思ったほどあいちゃんの負担にはなっていないようでホッとしました。

ハルちゃんも外猫としゃべったりするんですね。
お母さん猫を探して鳴く子猫たちに対するあいちゃんの態度を見ていたら、
いつも甘えているけれど、こんな母性が潜んでいたのかとうれしくなりました。

2008/10/23 (Thu) 10:46 | EDIT | REPLY |   
こぶた*  
yuirinさんへ

くろちゃんの右手、お返事しているみたいで可愛いでしょ♪
あいちゃんのこと、はじめは私もかわいそうと思っていたんです。
でも、家族と話しているうちに実はすごく幸運なんだと思えるようになりました。

結晶ができやすい体質の子はそれなりにいるとは思うんです。
あいちゃんの場合、たまたま膀胱炎になったから見つけられたけど、ふつうは大きくなるまで気付かないだけなんじゃないかと。
体質は生まれつきなわけだから、早く気付けばその分早く対処できるわけで、
だからこんな若いうちに見つけられたあいちゃんは、とてもラッキー。

尿がキラキラなのは、ある意味結晶が体に貯まらず排出できているわけだし、オスのように詰まっておしっこが出ず、すぐ命に関わるような状態になることもないので、
石になるのを療法食で防ぎながら、定期的に調べてもらえばたぶん大丈夫。
療法食もおいしく食べてくれたので、お金のこと以外は問題なさそう。
石ができたらそのときはそのときで、できるだけのことをするしかないです。

もし、お母さんのもとで暮らしていたとしても長くはなかったのかな。
ふたりに恩を返してもらうどころか、こちらがもらっている方が多いくらいです。

2008/10/23 (Thu) 11:46 | EDIT | REPLY |   
侍従長  

くろ様、健康で何よりにございました。
然るに、写真を拝見した限りでは行き倒れていますな(笑)。
検査疲れのご様子。
あい様もちょっと心配でございますが、食事療法で全快しますよう。
早く良くなぁ~れ。

2008/10/23 (Thu) 20:23 | EDIT | REPLY |   
Rucion  

くろちゃんがなんともなくて、よかった♪
あいちゃんがよくなりますように!

おしっこの病気はねこさんにはつきものとはいえ、ちっちゃい時からだとちょっと心配ですね。
我が家も「おしっこの数が少ない」と言えば心配になり、
「水の減りが多すぎる」と言えば見張りが始まります。
でも、処方食をきちんと食べるあいちゃん、飼い主思いです。

2008/10/24 (Fri) 07:21 | EDIT | REPLY |   
こぶた*  
侍従長さんへ

採尿して検査してもらっただけなので、くろちゃんは自宅待機。
だから行き倒れているように見えるけどおててが元気そうなのです。

あいちゃんの場合、体質的に結晶ができやすいということなので、
食事療法でおしっこをいい状態でキープすることはできるけれど、
完治するというものではないので、結晶が石にならないように、
上手に付き合っていくしかないんだと思います。

2008/10/24 (Fri) 20:19 | EDIT | REPLY |   
こぶた*  
Rucionさんへ

同じ兄弟だけれど、体質は違うみたいでよかったです。
おしっこの病気はほんと猫さんにつきものなんですね。
オス猫は大変という話を聞いたけれど、やっぱりそうなのかな。

処方食だけが頼りなので、おいしく食べてくれてよかったです。
まだちいさいうちに、結晶ができやすいと言われると不安になるけど、
気付かない間に病気が進行しているということの方がずっと恐いわけで、
早く見つけてもらえてよかったと思います。

2008/10/24 (Fri) 20:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply