チルドレン

チルドレン
チルドレン
伊坂幸太郎

2004-05-21 講談社

 装丁買いした本・その9は、伊坂幸太郎さんの「チルドレン」。
 独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むがなぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件と奇跡を描いた、心温まる連作短編集。
 装丁は鈴木成一デザイン室、装画はデザイナー兼イラストレーターの宗誠二郎さん。重いテーマなのだけれど、ほのぼのとした表紙のイラストのようにとっても読みやすい。坂口憲二さん主演、陣内役に大森南朋さんでドラマ化もされているみたいです。

伊坂幸太郎さんの「チルドレン」文庫版
チルドレン (講談社文庫)
源孝志監督、坂口憲二さん、大森南朋さん出演の「チルドレン」DVD
チルドレン [DVD]

伊坂幸太郎さんの作品をもっと見る »

にほんブログ村 シンプルナチュラルインテリアへ

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。信じること、優しいこと、怒ること。それが報いられた瞬間の輝き。ばかばかしくて恰好よい、ファニーな「五つの奇跡」の物語。吉川英治文学新人賞作家、会心の受賞第一作。
【目次】(「BOOK」データベースより)
バンク/チルドレン/レトリーバー/チルドレン2/イン
関連記事

Tag: 伊坂幸太郎  鈴木成一デザイン室  宗誠二郎  ブックデザイン  装丁買い 

COMMENT 2

chocolat*  2009, 12. 09 [Wed] 17:43

こんにちは。

私も装丁でなら選びそう!
で、中身を見て置いておく…
ほんと、小説って読まないんですよね。
読もうと思うのですがなかなか
それができないんです。

Edit | Reply | 

こぶた*  2009, 12. 10 [Thu] 19:28

chocolat*さんへ

可愛いイラストに惹かれて買っちゃいました。


chocolat*さんは小説あんまり読まないですか。
私も読むようになったのは古本屋さんに通うようになった
ここ数年のことです。
昔は(外国の)推理小説、その後は短編やエッセイしか読めず、
ここ数年でやっと長編も読めるようになってきたという感じ。
自分に合う本だと、ドラマを見ているようにすらすらと
最後まで一気に読めたりするので、楽しいです。
自分に合った本というか作家さんが見つかれば、
chocolat*さんも、小説が読めるかもしれないですね。

Edit | Reply |