スヌスムムリクの恋人

スヌスムムリクの恋人
スヌスムムリクの恋人
野島伸司

2008-08-07 小学館

 装丁買いした本・その5は、脚本家・野島伸司さんの「スヌスムムリクの恋人」。
 暑苦しいほど仲のよい親同士。思惑どおり4人の男の子が生まれたけれど、最後に生まれたノノだけは少し違っていた。
 装丁はグラフィックデザイナーの泉沢光雄さん、装画はイラストレーターの植田真さん。きれいな緑色の表紙。ドラマ化されるとしたらどんなふうになるんだろう。「スヌスムムリク」の意味は、読んでいくとわかります。

スヌスムムリクの恋人への想い
エンタメ-野島伸司 新刊『スヌスムムリクの恋人』

野島伸司さんの作品をもっと見る »

にほんブログ村 シンプルナチュラルインテリアへ

親同士の縁で生まれたときから幼なじみとして暮らした四人の男子。最後に未熟児として生まれた野坂望(通称ノノ)は、いつしか自分の心が女の子であることを自覚する。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
苦しみ続けた人が報われようとする時、僕はいつも思うんだ―そうさ、やっぱり世界はまんざら捨てたもんじゃない。稀代のヒットメーカーが問う、究極の愛のかたち。ドラマ「高校教師」から15年、「聖者の行進」から10年―。今年最大の話題作「薔薇のない花屋」の感動をふたたび。
関連記事

Tag: 野島伸司  植田真  泉沢光雄  ブックデザイン  装丁買い 

COMMENT 2

アマタレル  2009, 10. 07 [Wed] 10:19

はじめまして

はじめまして。
急にコメントしてすみません。

この本、読んだことはありませんが、植田真さんが装丁画を描かれているのですね。
酒井駒子さんと並んで、すきです。
内容もおもしろそうですね。

あの、このブログのキャンバス地のような絵のような壁紙はどちらのものでしょうか?
とても素敵なので、ぜひお伺いしたくてコメントしました。

ご迷惑だったらすみません!

Edit | Reply | 

こぶた*  2009, 10. 07 [Wed] 21:08

アマタレルさんへ

アマタレルさん、はじめまして♪
コメントどうもありがとうございます。

そう、スヌスムムリクの恋人の表紙は植田真さんが描かれています。
とても雰囲気のある絵で、それに惹かれて購入してしまいました。
酒井駒子さんの絵も素敵ですよね。私も大好きです。

ブログの壁紙は、「埼玉雲丹屋」という素材屋さんのものです。

Edit | Reply |