猫さんの反撃とシュウ酸カルシウム結晶

うぐっ、ぐるじぃ。
日ごろのうっぷんを晴らすかのような、
くろちゃんの反撃!!

にほんブログ村 シンプルナチュラルインテリアへ

けんか?それとも抱きついてる?

いつもの光景。
取っ組み合いをしていたふたり、
気付いてみればいつも通り仲良くおねんね。


【今日のおふたり】
膀胱炎で薬を飲んでいたあいちゃん、再び病院へ。
尿が酸性で、シュウ酸カルシウムの結晶があるとのこと。
溶解できるストルバイト結石と違い、
シュウ酸カルシウム結石ができたら手術で摘出することになるそう。
もし結晶が出来やすい体質だったら、
一生それ専用のエサを食べることになるようです。
お薬を続け、もうしばらく経過を見ることに。心配です。


あなたの猫は大丈夫? 病気の時の食事管理
FLUTD(猫下部尿路疾患)は、猫に多く見られる病気です。
by日本ヒルズ・コルゲート株式会社

関連記事

Tag: 猫の膀胱炎  シュウ酸カルシウム結晶  シュウ酸カルシウム尿石症  シュウ酸カルシウム結石 

COMMENT 6

侍従長  2008, 10. 02 [Thu] 07:46

こ、これは一大事。
うちもネコ記録帳を付けて気を付けています。
(おトイレ、〇〇いくつとか、食事何時とか、水の飲んだ量何ccとか)
まぁ、何だと言う訳ではないんですけど、お医者さんに行く時には
それを持っていくようにしています。
あい様、お大事にね。

Edit | Reply | 

らっこパパ  2008, 10. 02 [Thu] 15:15

大変ですね。
膀胱炎は、いつ頃から患っていたのでしょうか。
まだ、若いのに食事制限とお薬の治療をしなければいけないとは。
あいちゃん、元気で暮らせることを、願っています。

Edit | Reply | 

こぶた*  2008, 10. 02 [Thu] 21:31

侍従長さんへ

ご心配ありがとうございます。
ネコ記録帳、うちも一応つけています。
食事の量と時間やトイレについて書いていますが、
膀胱炎だったら水の飲んだ量とか重要になってくるかもしれませんね。
とっても参考になりました。ありがとうございます。

Edit | Reply | 

こぶた*  2008, 10. 02 [Thu] 22:00

らっこパパさんへ

ご心配ありがとうございます。
9月20日、赤いおしっこをしたあいちゃんをお医者さんへ連れて行ったところ、膀胱炎と診断されました。あいちゃん生後4ヶ月半です。

現在は薬は飲んでいるけれど、食事については特に指示はなかったので、
基本的には今までと同じものを食べています。
酸性の尿と結晶が薬で治れば膀胱炎だし、そうでなければできやすい体質。
それによって今後の対応が違ってくるようです。

Edit | Reply | 

らっこパパ  2008, 10. 03 [Fri] 00:10

ちょうど、去年の今頃病気になったのですね。
あいちゃんの病気、全く想像できませんでした。
膀胱炎か、結晶ができやすい体質か、どちらにしても今後の対応は大変そうですね。

Edit | Reply | 

こぶた*  2008, 10. 03 [Fri] 01:00

らっこパパさんへ

すみません、ややこしい書き方してしまいましたね。
つい先日、2週間ほど前のことです。
あいちゃんが特に苦しそうにしている様子もなく、
元気に走り回ってる姿を見ると病気がうそのようです。
結果がどちらにしても、体調管理には気をつけなければいけないですね。

Edit | Reply |