キャサリンホルムの両手鍋


キャサリン ホルム 【Cathrine Holm】/ロータス 【Lotus】/両手鍋22cm

 北欧らしいレトロな配色がとっても素敵な、Cathrine Holm(キャサリンホルム)「ロータス」シリーズの両手鍋。1960年代にノルウェーで製造されたヴィンテージ品で、ホワイトにスカイブルーという色合いと、葉っぱの形のデザインがなんともかわいらしい。煮込み料理やスープなどにもぴったりの大きさで、鍋ごと食卓に出したくなります。

 ハスの葉をモチーフにした、なめらかな曲線が美しいホーロー鍋は、ノルウェーのデザイナーGrete Prytz Kittelsen(グレタ・プリッツ・キッテルセン)によるもの。存在感のあるお鍋は、キッチンにさりげなく置いておくだけでも、インテリアの主役になってくれそうです。

Cathrineholm(キャサリンホルム)をもっと見る »
北欧のホーロー鍋をもっと探す »

にほんブログ村 シンプルナチュラルインテリアへ

キャサリンホルムとその仲間いろいろ

関連記事

Tag: キャサリンホルム  ロータス  両手鍋  アンティーク  ビンテージ   

COMMENT 4

pain de f  2013, 01. 10 [Thu] 18:13

北欧やわぁ。
キッチングッズにひとつあるとキッチンがお洒落に見える。
次はこれのケトル買おう。

Edit | Reply | 

こぶた*  2013, 01. 11 [Fri] 23:12

pain de fさんへ

うんうん、ケトルもいい。
ほんと、北欧のものっていいなぁって思わせてくれる。
おしゃれだし、なんだか楽しくなるデザインですよね。

Edit | Reply | 

Rucion  2013, 01. 13 [Sun] 23:51

北欧でインテリアやキッチングッズが美しいのは、
家で過ごす冬が長いからだと聞きました。
うん、ニコライブルクもだなー。
このシリーズ、ステキですね。

Edit | Reply | 

こぶた*  2013, 01. 14 [Mon] 22:49

Rucionさんへ

そういいますね。
寒い冬が長いから、家を居心地の良い空間にするために、
素敵なデザインのものが多いって。
このシリーズ、模様もだけど、蓋のつまみとか、持ち手とか、
ちょっとしたところが、なんか違う感じで好きです。

長野は、春になってもこたつが手放せなかったりするけれど、
ニコライブルクの冬もやっぱり長いんですね。

Edit | Reply |